本文へ移動

台風の後に屋根材が落ちた・鉄板が飛ばされた・雨漏りがした

現場調査写真

雨漏り箇所を屋根の上から撮影
見た目は異常ありませんが、塗装工事により材料の
重なり部分をふさいでしまい結果的に
雨漏りしたと思われます。
部分的に直しても他の場所から雨漏りする可能性が高いので全面葺き替えする事をお勧めします。
また、既存のスレートは現在生産されていない為、
部分補修の場合も片面(西面)を全て新しい
スレートに交換いたします。


棟包み鉄板の状態
錆びがみられます。下地の木材も腐食しているようなので交換の時期です。







棟鉄板が飛ばされる原因の説明



棟下地の木材が腐食すると棟包み板金を止めている釘が浮いてきます。強風で飛ばされる危険があります。





2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • 定休日
TOPへ戻る